キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 もつに含まれる栄養とその効果① : もつ鍋がもっと好きになるサイト

もつに含まれる栄養とその効果①

もつ鍋がもっと好きになるサイト

もつ鍋がいかに栄養が高いのか、もつに含まれる栄養素とその効果とは!?

新着記事

もつに含まれる栄養とその効果①

もつに含まれる栄養素とその効果①

牛もつにはおもにビタミンや鉄分などの重要栄養素がはいっており、豚もつにはたんぱく質やビタミンB1などが豊富で、不飽和脂肪酸と脂に含んでおり、どちらも人体には欠かせない大切な栄養素がはいっているのです。

次に必須アミノ酸です。

必須アミノ酸は人体で合成できない9種類のアミノ酸のことをいい、外から食事でしかとることができません!

この必須アミノ酸の主な働きは、体調管理や免疫力アップ、体の成長を促す効果があり、人体にはかかせない栄養なのです。

次にビタミンAです。

ビタミンAは脂溶性ビタミンの一種で、レバーなどに含まれるレチノールを指しています。

ビタミンAは目の機能を改善する効果があり、光の明暗を感じるロドプシンという成分は光に反応され、そして分解されてその刺激が脳に伝わることによって人間は視覚することができます。

ロドプシンはその後に再合成されますが、ビタミンAはロドプシン再合成に必要な栄養なのです。

他にも皮膚や粘膜を構成する上皮細胞を作ることにかかわっており、機能維持に欠かせない成分なのです。

粘膜を健康にたもつ働きがあるので、病原菌などの侵入を防ぐ役割を果たしていて、粘膜が正しく機能することによってウイルスなどの外的から身体を守り、免疫力を高めることができるのです。

逆に言うと、ビタミンAが不足してしまうことによって、風邪をひきやくすなってしまうということです。

風邪をひきやすいなと思う人はビタミンAを摂取しましょう。

栄養価が高く、スタミナ満点のもつ鍋は風邪にいいかもと思ってしまうかもしれませんが、もつは消化が悪いので、胃腸の弱っているときにもつ鍋を食べるのは避けたほうがいいかもしれません。